ブログ

ブログ

シチュエーションが大事!!

こんにちは。

栄養アドバイザーの夏木彩早(なつきあやさ)です。

 

一昨日のLINE配信で、抗酸化のことに少し触れましたが、

アンチエイジングの「具体的な方法」は、書きませんでした。

 

なぜ私が、具体的な方法をお伝えしなかったか、分かりますか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

(ヒント:意地悪しているわけじゃないですよ!)

 

答えは……

 

具体的な方法を聞くと、

皆やってみたくなってしまう。

そして、ほぼ間違いなく失敗してしまう、からです。

 

どういうことか説明しますね。

 

まず、これを読んでくれている勉強熱心なあなたは、

専門家の私が勧める抗酸化の方法を知り、

しかもそれがお手軽だったら、

すぐに実践してみたくなるでしょ?

 

分かります、私もそうだったから……。

 

 

でもね、それ、高確率で失敗します。

 

あなたも、今までにありませんか?

TVやSNSで見た、
○○食事法、○○サプリを、試す。

そして、
「何も変わらない……」
「むしろ不調になった……」という経験が。

 

私は、あなたには、

「やったら、むしろ体調が悪くなった」とか

絶対なって欲しくないんですよ。

 

だから、具体的な方法は、書かなかったんです。

 

さて、

じゃあなぜ、

専門家の言ったことに従っているのに

失敗するのでしょう?

 

結論からいうと、

「食事法」というただの手段だけを見て、

そもそもの「自分」を見ていないから。

 

抗酸化に○○が良い
という情報を得たとしても、

あなたが、その○○をした方が良いって

話じゃないんですよ。

 

伝わりますか?

 

例えば

健康サンダルが、健康に良かったとしても、

 

走る時に履いてたら、危ないよね。

巻き爪に苦しんでいるなら、
健康サンダルより、巻き爪改善用の靴を履いた方がいいよね。

雪降ってる日に、つま先出してたら、凍えるよね。

おしゃれレストランでのデートに履いていって、

好きな人にドン引きされたら、ストレスでむしろ不健康になるよね。

 

そう、健康サンダル単体で考えると、
足つぼ圧してくれて健康にいいのだろうけど、

それを履くという選択が、
「あなたにとって」良いか悪いかは、

あなたの置かれているシチュエーションで、決まるわけです。

 

これ、食事でも同じです。

 

この食事法が良い! この栄養素が悪い! とかじゃなく、

「あなたにとって」どうか、を専門家は考えています。

 

ここが抜け落ちてたら、

いくら良さそうな食事法を聞いて実践しても

全く意味がないし、むしろ悪くなります。

 

だから、

食で体調改善したいなら、

「自分にとってどうか?」という視点は、

ぜったい必要!!

 

でも、多くの人が失敗しちゃうところでもあります。

 

実際、

自分に合わない食事法で

不健康になっていたクライアントさんを

私はいっぱい見てきました。

 

こんなことが起こらないように、

私の講座で、具体的な方法を話すときには必ず、

個人差をみる方法と共に、お伝えしています。

講座に参加中の方は、お楽しみに!

 

 

「ああ、これやってたわ……」って方、

気付いてからがスタートです。

 

★分子栄養学 入門セミナー:
病気じゃないけど元気じゃない女性の食事戦略

https://www.street-academy.com/myclass/63102?conversion_name=direct_message&tracking_code=7faa704a291f2dced588787117545fd0

 

★個人差食事メソッドを学ぶ講座

https://table-project.com/eiyoujyuku/