eiyoujyuku

個人差食事メソッドを取り入れ、ビジネスをレベルアップ

自分のことを元気にしつつ、専門知識を身に着け、他の人にもアドバイスできるレベルに!

特に、健康や美容関連のビジネスをしている方・これからしたい方に、ご好評いただいています。

 

栄養カウンセリング1回

動画講座


13回のZoomセミナー(LIVE配信)

修了証

専用Facebookグループへの参加権(栄養のこと、ビジネスのことなど)

その他様々な特典をご用意しています
(詳細はお問合せください)

こんな方に最適です

・最新の栄養学と体の仕組みを学び、自分やお客様の健康・美容増進に役立てたい方
・健康や美容を提供する仕事をしていて、サービスの質を上げたい方
・病気の治療レベルではなく、慢性的な様々な不調への対策を知りたい方
・ある程度の食知識はあるが、沢山の商品や情報の中から選ぶ基準がよく分からない方
・理論と同時に、日常生活で実際に使える手段を知りたい方

講義内容(予定)

ーーー 入 門(動画) ーーー

・分子栄養学とは
・自分に合う食事法の選び方 3ステップ
・現代の食生活の傾向
・自分の状態を知るための質問集

 

ーーー 実 践 ーーー

【血液データから栄養状態を推測する】
・一般的な基準値と分子栄養学基準値の違い
・血液から栄養状態を推測する方法
(タンパク質、ビタミンB群、鉄、酸化の状態、腸の状態、血糖調節力など)
・それぞれの対処法

【基本の食事法(食べるもの)】
・どんな食事が良いか
・割合と質(タンパク、脂質、糖質)
・自分の現状と理想の差を明らかにする

【基本の食事法(気を付けるもの)】
・どんなものを食べない方が良いか
・小麦製品の考え方まとめ
・乳製品の考え方まとめ
・砂糖まとめ
・添加物や農薬など

 

ーーー 応 用 ーーー

【消化系】
・各消化器の役割
・不調を見つける質問集
・よくある不調と対処法
・自律神経系

【疲労系、血糖値】
・血糖値の調節方法
・不調との関連
・疲れ度のチェック方法
・3つのエネルギー代謝
・短期対策と長期対策

【精神的ストレス、睡眠】
・ストレスが体に及ぼす影響
・不調を見つける質問集
・短期対策、長期対策
・睡眠と栄養と体調の関係

【ダイエット】
・よくあるダイエット法の裏表
・太る原因別 対策法

【女性の不調】
・月経、更年期
・妊娠、出産後
・肌

【子どもの食事】

【血液読み集中特訓】

受講生の声

20代女性

●お持ちの資格
食生活アドバイザー

●受講して良かった点
・何が良い悪いではなく、何を目的とするかが大切で、人それぞれに合った食事法を選ぶことが大事だと学べた
・知識が身についたのはもちろん、食品やサプリなど具体的なものの紹介があって実生活で使えそうな内容でした
・少人数で質問しやすくリラックスして参加できました
・Facebookでの情報発信がよく機能していて役に立ちました

●学んだ内容は、何に役立ちそうですか
・自身の健康増進
・自身の経験と学んだことを織り交ぜて発信していきたいと思っています

●今後沢山の情報に、迷うことはありそうですか?
迷わないとは言い切れないけど、迷ったときは講座で学んだことを思い出して取捨選択していきます!

20代女性(自営)

●お持ちの資格
栄養コンシェルジュ等

●受講して良かった点
・体の仕組みや健康補助食品について、詳細に分かりました。
・講座の内容もマニアックな内容で勉強になりましたが、Facebookの投稿も嬉しかったです。

●受講内容を役立てられる場所
・自分や家族の健康増進に、とても役立ちそうです。
・仕事では、講座内容を参考にし、自分で開催している講座のレベルを上げました

●今後沢山の情報に、迷うことはありそうですか?
・〇〇が体に良い!というのは一概には言えないと思うのでそこが不安です。例えばタンパク質吸収が苦手だったり、SIBOの人は発酵食品ダメだったり…そんな時は血液データが大きな情報源になると思います。

30代女性(会社員、起業予定)

●お持ちの資格
野菜ソムリエ

●受講して良かった点
・普段の生活で役立つ知恵が分かりやすく纏められていた点
・毎回、体に優しく美味しいスイーツやトレースミネラルなど試食ができた点
・講義以外のFacebookの投稿も詳しく説明されていたり、スーパーや商品など具体的なお役立ち情報が投稿されていた点

●受講内容を役立てられる場所
・今後起業し、お客様から不調の相談を受けた時。
・また、糖尿病やうつ病の家族の健康増進に。
・取り扱っている健康食品を広める際にも、正しい食やサプリの知識と共に広めたい。

●今後沢山の情報に、迷うことはありそうですか?
分からなくなったら、文献など見て自分なりに調べてみます。それでも迷うときは、相談させてください!

※第一期受講生アンケートより、一部抜粋。20~50代の方々に受講いただきました。
※サービス内容は、現在と多少異なります。

Q&A

Q : 医師から学べることとの違いは?

医師と医師以外では、法的にやっていいことも、クライアントさんから求められることも、クライアントさんの重篤度も、必要な情報の範囲も異なります。

例えば、栄養療法のクリニックでは、手段としてドクターズサプリや、場合によっては薬を使って”治療”を行います。
一方、当方では、普段のお食事習慣の改善がメインです。もしサプリメントが必要な場合は、続けやすいサプリメントをご紹介しております。

医師以外の立場の人に求められているのは、普段の食事の話や、使えるサプリの情報。
そして医師という肩書きがないからこそ、説得力のある客観的な根拠が必要です。

当塾では、医師や管理栄養士ではない講師が、栄養療法を日々の生活で実践するため、またクライアント様に実践してもらうために使っている様々なことを、お伝えしています。

Q : 栄養のことは、既に割と詳しいのですが、得るものはあるでしょうか?

詳しい方ほど、沢山の情報の中で優先順位をつけることに困難を感じていることも多いです。

実際に、これまでの塾生さんのほとんどは、栄養系の様々な資格をお持ちです。入塾時にすでに講師として活躍されている方も、複数いらっしゃいました。

悪気は無くても、個人差を判断出来ないことが原因で、お客様や家族に、合わない食事法や優先順位の低いサプリメントを勧めてしまうケースは、残念ながらよくあります。
そのようなことを防ぐためにも、ご自分の知識を更新したい、個人差の判断まで出来るようになりたい、体系立てて学びたいという方にとっては、最適な機会になると考えています。

個人差まで考えて体質改善をしていくには、「最新の知識」と「基本になる理論」の両方を持つことが必須です。
また、自分以外の体質改善に臨む場合は、現実的な手段も複数必要になってきます。
栄養を使ってどう体を組み替えていくかという分野は、現在進行形で世界中で研究され、日々更新されていますので、ぜひ学び続けられてください。

講師側も、最新の知識や治療情報を得るために、お金も時間も労力も日々投資し、塾生の皆様に還元できるよう引き続き努めて参ります。

申込&お問い合わせ

こちらからご連絡ください